春の行事

春の行事

新茶はいつからいつまで?日本茶の種類の違いと八十八夜と茶摘みの関係とは?

日本のお茶は中国から伝わったもので、昔は薬として飲まれていました。 お茶を飲むことを「一服する」といいますが、 これはお茶が薬だったなごりです。 新茶は渋みが少なく、テアニンという旨味成分がたっぷりと含まれており、 味わいも格別です! ところで、「新茶」はいつからいつまでかご存じですか? 答えを先に言ってしまうと、新茶は八十八夜から、 1回目の茶摘みが終わるまでの間です。 「八十八夜」とは、立春から数えて88日目のことで、新茶を摘む時期とされています。 昨今、意外にも日本茶の常識を知らない人は多くいるようです。 なのでここでは、いまさら聞けない「日本のお茶の種類」や、 「基本のお茶の違い」について、ご紹介していきます。
春の行事

春分の日はなぜ休み?【祝日と祭日】どっちなの?太陽の動きで昼夜の長さが同じになる理由とは?ぼたもちの由来は?

あなたは「春分の日」がなぜ休みなのかご存知ですか? その理由は、法律で次のように決められたからです。 「自然を大切にして、心から感謝しましょう」 春分の日は、このような思いから祝日になりました。 「国民の祝日」は、休日とされています。 「春分の日」は、そのほかにも様々特徴がある特別な日なのです。
タイトルとURLをコピーしました