掃除

掃除

お風呂場床の黒ずみや黒い点粒はカビキラーでは落ちないって本当?

毎日欠かすことが出来ないお風呂の時間。 気持ちよくお風呂に入るために、 掃除をしようとすると、床に黒ずみや黒い点粒が…。 この黒ずみや黒い点粒の正体は一体何なのか?カビなのか? 毎日掃除しているのに、なぜ黒ずみができてしまうのか? お風呂洗う用の洗剤を使って、洗ってもなかなか落ちない。 どうしたら落とすことができるのか? 毎日のお風呂掃除に悩んでいる方も、 いらっしゃるのではないでしょうか? なんとこの床の黒ずみの正体は、 水垢、カビ、皮脂や油脂、金属石鹸などの様々な汚れが混ざったものです! また黒い点粒の正体は黒カビです! そこで、お風呂の床の黒ずみや黒い点粒は、 家庭用洗剤で有名なカビキラーで落ちないのは本当なのか? 詳しくご説明していきます!
掃除

カビキラーは何分置くのがベスト?使い方は濡らすはNG!放置しすぎもダメ!

カビキラーは目安として30分ほど置き、念入りに洗い流すのがベストであり、 また濡れた場所ではなく、カラッと乾いた場所にスプレーし、 絶対に1時間以上は、カビキラーを放置しすぎないこと! 比較的に忘れられがちですが、そもそもカビキラーって、 洗浄力がかなり強い成分を含んだ漂白剤なので、油断したり適当に使ったりせず、 取り扱いには注意しないといけないものです。 私も以前までは、カビキラーだったりハイターなどの塩素系漂白剤は、 何分置くべきなのかよく知りませんでした。 でも後になってから、何分置くか知ることになり、 それ以降は30分を目安に洗い流していますよ。 今回は実はあまり知られていない、カビキラーは具体的に何分置けば問題ないか、 そして正しい使い方や、放置しすぎないようにする注意点なども紹介します!
タイトルとURLをコピーしました