本ページはプロモーションが含まれています。

新茶はいつからいつまで?日本茶の種類の違いと八十八夜と茶摘みの関係とは?


日本のお茶は中国から伝わったもので、昔は薬として飲まれていました。

お茶を飲むことを「一服する」といいますが、
これはお茶が薬だったなごりです。

新茶は渋みが少なく、テアニンという旨味成分がたっぷりと含まれており、

味わいも格別です!

ところで、「新茶」はいつからいつまでかご存じですか?

答えを先に言ってしまうと、新茶は八十八夜から、
1回目の茶摘みが終わるまでの間です。

「八十八夜」とは、立春から数えて88日目のことで、新茶を摘む時期とされています。

昨今、意外にも日本茶の常識を知らない人は多くいるようです。

なのでここでは、いまさら聞けない「日本のお茶の種類」や、
「基本のお茶の違い」について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

新茶はいつからいつまで?

「夏も近づく八十八夜」で始まる歌を知っていますか?
これはお茶の葉をつむ様子を歌った歌です。

お茶は、摘だ後からどんどん新しい葉が出てくるので、
茶摘みは春から秋にかけて何度も行われます。

その年の最初に摘だお茶は「新茶」や「一番茶」といい、
味や香りがもっとも良いとされています。

ですので、新茶は八十八夜から、
1回目の茶摘みが終わるまでの間ということになります。

その後は「二番茶」と続き、場所によっては、
「三番茶」「四番茶」まである所があります。

昔から、八十八夜にお茶を飲むと長生きするといわれています。

ぜひ、あなたも新茶を味わってみてください♪

昔、中国から伝わった頃のお茶は高級品で、
お金持ちしか飲めないものでした。

やがて日本でお茶づくりが広まると、
たくさんの人が飲むようになっていきます。

また、薬ではなく飲み物として楽しむようになりました。

お茶は静岡が有名ですよね。
静岡では4月下旬頃から5月上旬頃に摘まれたお茶を「新茶(一番茶)」と呼びます。

鹿児島の新茶は、3月下旬頃から4月上旬頃に摘まれます。

この時期に摘んだお茶を、1年間しっかりと保存して販売しています。

日本茶の種類の違いはどれだけあるの?

お茶には、緑茶、烏龍茶、紅茶などいろいろな種類がありますね。

日本茶の種類と特徴

これらは味も見た目も違いますが、みんなチャノキという木の葉から作られています。

お茶を作る時の発酵のさせ方の違いで、色や味が変わります。
発酵というのは、小さな生き物の力で、食べ物などの性質を変えることです。

紅茶はお茶の葉をしっかりと発酵させて作ります。

途中で発酵を止めると、烏龍茶になります。
そして、蒸して発酵しないようにして乾かすと、緑茶になるのです。

烏龍茶は油っこい料理を食べる時に飲むと、さっぱりします。

紅茶はパンやお菓子と合いますね。

味の違いを楽しんでみましょう♪

日本茶の種類と特徴一覧

主なお茶の種類をご紹介します。

スポンサーリンク


【玉露】
最高級の日本茶。
太陽の光を避けて摘み取られた新芽。
旨味成分がたっぷりでまろやかな口当たり。
50〜60度のお湯で旨味成分をじっくりと抽出するのがポイント。
高級な煎茶も同様に低温のお湯で淹れるのが良い。


【煎茶】
一般的な日本茶。
カテキンが多く含まれさっぱりとした渋み、苦味がある。
80度くらいのお湯で旨味と渋みを引き出す。


【ほうじ茶】
煎茶や番茶を強火で炒ったもの。
炒ることで苦味成分が飛び、あっさりした味になる。
さまざまな料理と相性が良い。


【抹茶】
摘み取って蒸した後「揉んでから」乾燥させる煎茶などとは違い、
蒸した後「揉まずに」乾燥させるのが抹茶。
石臼で粉末にする。
玉露同様、直射日光を当てずに育てるため旨味が多い。


【番茶】
煎茶を作る工程ではじかれたものや、夏以降に収穫した二番茶や三番茶など。
旨味成分は少ないが素朴な味わいがある。


【玄米茶】
強火で炒った煎茶や番茶と、蒸してから炒った玄米とを混ぜ合わせたもの。
香ばしい香りを引き出すために、沸騰したお湯を使い、短時間で淹れる。

八十八夜は茶摘みの始まり

立春から88日目の日のことを「八十八夜」といいます。

「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の忘れ霜」といって、
このころから霜がおりなくなるため、
農作物の種まきに良い季節と言われます。

農家では稲や夏野菜の種まきなど、
農作業に忙しくなり、茶畑では茶摘みがはじまります。

「八」という漢字は「末広がり」の形で縁起が良いとされていて、
この「八」が重なることから、
この頃に摘み取る新茶を飲むと長生きをするとも言われています。

八十八という字を組み合わせると「米」という字になることから、
農業にとって縁起の良い日とされています。

さいごに

お茶といえば、昔はよく

「茶柱が立った!いいことあるかも♪」

なんて喜んでいました。

ペットボトルのお茶やティーパックなどにはない、
急須で入れたお茶にしかない楽しみですね。

忙し時にこそ、急須で入れたお茶を飲みたいものです。

急須でお茶を飲むことは、その淹れる時間や所作の一つ一つも含めて、
身も心もゆったりとくつろげる、日本人ならではの贅沢ですからね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました