尾てい骨出てるのが生まれつきの場合の直す方法は?ボコボコしっぽみたいなのが座ると痛い時の改善法!尾骨は産後にも出る!


私は生まれつき尾骨がポッコリ出ていて、
触れると腕を曲げた時のひじのように、固くって丸い骨を感じます。

見た目もしっぽが生えていたみたいではずかしいのですが、
露出することがほぼない個所のため、なんとか我慢できています。

しかし、座ると痛い!
ある時、これだけは我慢できなくなりました。

尾骨の部分が当たりが多いせいか、色素沈着で黒ずんでしまっているほどです。
年を重ねるたびに辛さが増していきました。

改善のため、本を読み、ネットで調べ、専門家に相談し、
試行錯誤を繰り返して、やっと痛みを感じないレベルにまで回復したんです!

私が最終的にやると決めた改善策は、

・硬い椅子に座らない

・正しい姿勢で座る

・お尻の筋肉を鍛える

・ストレッチを行う

・常に正しい姿勢を心掛ける

この5つです。

私の場合、この5つで改善できたので、参考にしてみてください。
さらに詳しい私の体験談が気になる方は続きをどうぞ♪

スポンサーリンク
  

尾てい骨がボコボコ出てるのがしっぽみたい!

尾てい骨が痛む原因は2つあります。
1つ目は、何かのアクシデントがあり、
それがきっかけで痛むのが分かっている場合です。

たとえば、何かにぶつけた、あるいは尻もちをついた、などです。
打撲もひどい場合、尾てい骨にヒビが入る場合があるので、
整形外科にかかる必要があります。

尾てい骨は靭帯とつながっていて、
靭帯がビンと張った状態でも筋肉のように収縮しないので痛みを感じます。

2つ目は、いつからか痛みを感じ、特に原因が分からない場合です。
この場合、ほうっておくと慢性的に痛みを感じやすくなる傾向にあります。

姿勢が悪い状態が続いた場合、とくに座った場合の姿勢次第で、
尾骨に痛みを感じるようになってしまいます。

尾てい骨が出てると座ると痛い!原因は何?

痛みを我慢していると、いずれ私みたいに黒くなってしまいますよ!

尾てい骨が出ている原因

椅子に座る時というのは、
坐骨(ざこつ)という左右についた骨が座面にあたるのですが、

仙骨(せんこつ)という尾骨の上についている骨が傾くと尾骨が突き出てしまい、
椅子の座面に当たるようになってしまいます。

坐骨が左右についた面だとしたら、尾骨は点のような形状をしています。
よって尾骨が座面に擦り付けられる状態が続き痛みを感じるようになります。

対処法として、すぐにでも痛みを回避したい場合は、
椅子の高さを今よりも高くしてみるなどして痛みを感じない高さに調整します。

また、座面にかかる圧力を片側に意識して座ってみるのも効果的です。

いずれにしても、これらは一時しのぎに過ぎないので、
普段から座る姿勢を正しく意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

尾骨が出てる時の対処法!


立っている時、座っている時いずれの場合も腰が反った姿勢、
いわゆる「反り腰」の人は、腰痛と尾骨の痛みに悩まされる傾向にあります。

反り腰は一般的には、腹筋と背筋のバランスの悪さから起こるといわれていて、
足りない筋力を鍛えて補う必要があります。

背筋が真っ直ぐの状態になれば、痛みが軽減されていき、
尾骨が出ている場合でも元に戻る可能性があります。

しかし、それでも治らない場合、
整骨院での施術を受けるとかなりの効果が期待できます。

また、先天的に尾骨が出てる場合は、病院で解決策を相談しましょう。
最悪の場合、手術という選択肢もあるようです。

尾てい骨が出てるのが生まれつきの場合治らないの?

尾てい骨が出ているのが原因の痛みは、改善することができますが、

「全く出ていないキレイなお尻」

このように、見た目を完全に直すのは無理があります。

手術で削る方法なんかもあるようなのですが・・・。

一応、脊髄の先っちょですし、骨を削るのってなんだか怖いですよね。

専門家に「牽引」って方法で改善する施術もあるそうなので、
気になる方は調べてみてください。

でも、まずは日頃の姿勢を意識してみるといいと思いますよ!

痛みが出ないように改善する方法はあります!

冒頭でも軽く説明しましたが、「姿勢を正す」「尾骨を守る」、
この2点が重要になります。

そして、この2点のために私がやった対策は、

【硬い椅子に座らない】
硬いもの同士がぶつかるとダメージが大きいです。
ドーナツ型の座布団(円座)を利用して、尾てい骨を保護する。

【正しい姿勢で座る】
背中を丸めた姿勢の悪い状態は、尾てい骨が椅子にあたる原因になります。
座る時は常に背筋を伸ばして正しい姿勢を心掛けます。

【お尻の筋肉を鍛える】
尾てい骨が出ている人に多いのは、お尻が痩せていること。
座った時に当たらない様にするため、筋肉を鍛えます。

【ストレッチを行う】
腰回りの筋肉の緊張をほぐすため、骨盤や尾てい骨に関係するストレッチをする。

【立ってる時も正しい姿勢】
立っている時でも、姿勢が悪く「反り腰」になると、
腰痛と尾骨の痛みに悩まされることになるので、背筋をまっすぐの状態に。

以上の5つ。参考にしてみてくださいね。

「尾てい骨が出てる!」産後に現れることもあります

女性は出産を境に、尾てい骨が出るようになる場合もあります。
赤ちゃんが産道を通るために、尾てい骨が湾曲するからです。

また、出産によって産後に尾てい骨の位置が変化することにより、
尾てい骨が出てしまう人もいるのです。

この場合も骨盤体操や、日常生活でも姿勢の保持はもちろん有効です。

まとめ

いかがだったでしょうか?
尾骨の痛みを回避できるかどうかは、普段の姿勢で決まります。

定期的に壁を背にして立ち、
腰に手がすっと入るのかどうかを確認して反り腰になっていないか確認したり、
鏡で確認するのも良いでしょう。

あなたの痛みが少しでも和らいで、良い姿勢になるとよいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました