本ページはプロモーションが含まれています。

驚きの科学!静電気除去ブレスレットの仕組みと自作の作り方を解説!


静電気除去ブレスレットの仕組みは自然放電です。

身体に帯電した静電気をブレスレットを通して、空気中に放電させる仕組みです。

しかしこのアイテム、使い方を誤ると全く効果がないのを知ってました?

私はつい最近まで知らなくて、ずっと自分は静電気を帯びやすい体質なんだと勘違いしていました。

体から静電気を放電してくれる仕組みを理解し、快適な毎日を。

この記事では、静電気除去ブレスレットの自作の作り方も解説しています。

詳細は続きを読んでチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク
  

静電気除去ブレスレットの仕組みを解説

仕組みが分かれば、誤った使い方をすることがなくなります。

静電気除去ブレスレットの原理はシンプル

静電気除去ブレスレットの仕組みは、体に溜まった静電気を空気中に放電させることにより、静電気を除去します。

静電気除去ブレスレットには、

「導電性繊維」

という特殊な繊維が使われています。

難しい名前の繊維ですが、分かりやすく言えば、電気を通しやすい繊維だということです。

この電気を通しやすい繊維を通して、空気に触れることにより、静電気を放電するのです。

静電気除去ブレスレットが効かない場合の対処法

静電気除去ブレスレットの効果がないと感じた場合、あなたは、静電気を帯びやすい体質なのかもしれません。

肌に触れる面積が大きいブレスレットに変えてみましょう。



細いタイプのブレスレットを複数腕に巻くのも効果的です。

その分肌に触れる面積が大きくなるからです。

夏に静電気が発生しにくいのはなぜ?

夏に静電気が発生しにくい理由の一つは湿度です。

湿度が高い = 放電しやすい状態

先ほど、身体に帯びた静電気は空気中へ放電していると説明しました。

静電気は空気中の水分量が多いほど放電しやすい状態となります。

ですから、湿度が高いということは、放電しやすいので、身体に静電気を溜めにくいのです。

逆に冬は乾燥して湿度が低いです。

空気中や物に含まれる水分が少ない状態ですから、蓄積された静電気が自然放電しにくいわけです。

静電気除去ブレスレットの効果の高い正しい付け方


正しいく身に付けなければ、その効果を十分に享受できません。

静電気除去ブレスレットは手首にピッタリと

私はずっと静電気を帯びやすい体質なんだと思っていました。

なぜなら、静電気除去ブレスレットを付けていても、ほとんど効果を感じなかったからです。

しかし、友人から付け方を指摘され、改善したところ、ブレスレットの本来の効果に驚きました。

その効果が上がった改善内容は、下記のとおりです。

「静電気除去ブレスレットは手首にピッタリ」

さらに、ブレスレットを服で隠さずに空気にさらすことで、帯電した静電気が空気中へ放電しやすくなるのです。

しかし、

『ブレスレットを付けることで絶対にバチッとしなくなるか?』

というと、答えは「いいえ」です。

スポンサーリンク

静電気除去ブレスレットを強力に効果を上げる方法

静電気除去ブレスレットの効果を強力にする付け方は、

・手首にピタッとなるよう付け、すき間がないように
・腕まくりなどしてブレスレットを空気にさらす

ブレスレットは、肌に直接触れていないと放電してくれません。

身体が静電気を帯びるので当然と言えば当然です。

手首のサイズに合っていない緩いつけ方では、たいして静電気は除去できないでしょう。

一方で、締め付けがきつすぎても痛くなるので、自分に合ったサイズを選択する必要があります。

自分に合うサイズかどうか不安な場合は、サイズを調整できるブレスレットを選択するのもアリです。

静電気除去ブレスレットの自作での作り方


自然放電する静電気除去ブレスレットは、静電気を帯びた物体が自然に放電されるのを助けるデバイスです。

これは比較的シンプルな設計で、電気的な接地が必要ありません。

以下は、自然放電型の静電気除去ブレスレットを自作する手順です。

静電気除去ブレスレットに必要な材料

導電性素材のバンドやブレスレット(例: 革、金属、導電性のゴム)

バンドやブレスレットを装着するためのクリップや留め具

静電気除去ブレスレットの手作りの手順

手順:1

静電気を帯びた物体から自然に放電されるため、バンドやブレスレットの素材を導電性のものに選びます。

導電性の素材は静電気を効果的に逃がす役割を果たします。

手順:2

バンドやブレスレットを選んで、手首にフィットするように調整します。

手順:3

バンドやブレスレットを手首に装着し、静電気が蓄積した場合に自然に放電するのを助けます。

手順:4

静電気を帯びた物体との接触がある場合、バンドやブレスレットはその物体に触れることで、静電気を自然に逃がす役割を果たします。

このような自然放電型の静電気除去ブレスレットは、静電気を帯びた物体が自然に放電されるのを助ける手段として役立つことがあります。

ただし、静電気の強さや物体の性質によっては効果が限られることもあります。

本格的な静電気除去には、高度な技術を備えた装置が必要な場合もありますが、簡単な自作ブレスレットは特定の状況で役立つかもしれません。

まとめ:静電気除去ブレスレットの仕組みと自作の作り方



静電気除去ブレスレットは、導電性繊維を通じて体の静電気を空気中に放電させることで、静電気を除去します。

肌に触れる面積が大きいブレスレットや、複数の細いブレスレットを併用することで効果を高めることができます。

湿度が高い夏場は静電気が発生しにくい一方で、乾燥する冬場は静電気が溜まりやすくなります。

ブレスレットを手首にぴったりとフィットさせ、肌に直接触れるようにすることが重要で、そのためには自分の手首に合ったサイズを選ぶか、サイズ調整が可能なブレスレットを選ぶと良いでしょう。

また、自作する際には導電性素材を選び、手首にフィットするように調整し、静電気が蓄積された場合に自然放電を助けるようにします。

しかし、全ての静電気を防ぐわけではないため、状況に応じて高度な技術を備えた装置が必要になることもあります

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました